2012年7月21日土曜日

again....

色々と考えた末、今のフレームをやめて部品取りに持ってたこのフレームに換える事にした。



アメリカンダックスのフレームは、僕が思ってるカタチの実現(エクスポートっぽくしたい)や、好きな部品を使うのには遠回りになる。
触り始めた頃は今よりも知識が無かったので、コレもダックスなんやし同じやろーと思ってた。
部品取りのフレームは会社の物置に突っ込んでたせいもあってロクに確認しなかった。
反省したのでこれからはしっかり確認して物事を進めていきたいと思います。
んで、どこが違うのか書いてみようと思います。


ハンドルロックの受け・・・アメリカンダックス(以下Aダックス)にはコレが付いてません。
 
 
 
 


ストッパー・・・Aダックスのストッパーは形状が違い、初期型(いわゆるカブトやエクスポート)のフォークと組み合わせるとストッパーが当たらず役に立ちません。


キーボックスの穴・・・Aダックスにも穴はありますがコレより少し小さい穴が開いている為、拡げないとキーボックスが入りません。
左側のM6のタップ穴×2はAダックスではバカ穴です。


サイドグリップの取り付け穴・・・Aダックスにはありません。


リアブレーキの取り付けシャフト・・・Aダックスはバカ穴が開いていて、そこにシャフトを通す造りになってます。
シャフトの径も違います。


シートを受ける板・・・シートキャッチの構造が違うので形状も違います。
シートキャッチレバーを通す穴もありません。


リアフェンダーの取り付けブラケット・・・このタイプにはAダックスのリアフェンダーはポン付けできません。
逆もまた然り。

こーしてみると細かい所が全然違います。
もっとよく見なアカンね。
さぁ、来週からフレーム塗装の準備しよ。

2 件のコメント:

  1. 今からフレーム換えちゃうんですか!?またまた凄い選択を・・・でもそこが拘りでしょうねぇ~納得のいく世界に1台のdaxを創ってくださいね!

    返信削除
  2. 面倒臭くて悩みに悩んだんですが、何かに追われてる訳でも無いし、これもスキルアップに繋がれば良いな~、なんて考えで決めました。
    オーダーした塗料もまだまだありますし。
    楽しんでやろうと思います。

    返信削除