2012年7月14日土曜日

EASY TRAP

日課のブログ徘徊してたらキョーレツなcustom cubを見ました。


このcubを作られた方のブログはコチラ→Rad Jalopy
めちゃくちゃ格好良いです。
アタマ痛くなるような手の込み具合、このスタイリングを実現する為のセンスや技術・・・素直に尊敬します。
上から見た画像での細さと言ったら・・・。
マジでぶっ飛んだ。

数年前からcubをベースにチョッパーを作る方をチラホラ見ますが、大半は奇抜なだけでヘンテコなんばっかです。
自分もまだまだ勉強中ですが、車格に合わないでかいエイプバーやアタックバーを付けたりCD50のフロントフォークに交換する事が「チョッパー」では無い事ぐらい分かります。
それってチョッパーとして作られたバイクのイメージし易い部分をcubにくっ付けただけでしょ?
何のヒネリも独創性も無いですよ。
そーゆーのに限って不似合いなカクカクの社外ビレットパーツをポン付けしてたりね。
酷いのになると中華コピーエンジンやったり。
拘りなんか何にも無いんやろな、ってのが良く分かる。
雑誌もアホばっかやから、そんなんをデカデカと取り上げてさ。
「見事なまでにチョッパーに仕上げている」とか言って・・・。



だんだん話がおかしな方向に行ってしまいましたが、とにかくそーゆー事です。
製作者の方は明日のニューオーダーにエントリーしておられる様です。
きっと、素晴らしい評価を得られる事でしょう。
それが当然だと僕は思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿