2012年7月19日木曜日

front brake wire #2

長すぎてダメやったアメリカンダックスの純正F・ブレーキワイヤーを短く切って詰めました。
タイコとレバー側のアウターエンドキャップは作りました。


いきなりですが完成。
この取り回しだと見た目が少し気になる・・・。
と言うか、ちょっと長く作ってしもた・・・。


ヘッドライトステーの中に通してみた。


スッキリ。


作ったエンドキャップ。
アロンアルファで仮止め(?)して、4方向からポンチ打ってます。
ワイヤーを下側に弛ませるようにすれば、画像のようにピボット部が無理な角度にならない。
この取り回しなら大丈夫そう。
因みに、タイコは真鍮で作りました。

いつもの如く、ワイヤーの加工も初めてやりました。
こればっかりは走りだしてみないと成功とは言い切れませんが、新たに着けたタイコをバイスで掴んで、逆側から思いっきり引っ張ってみたところビクともしなかったので「まぁ、大丈夫やろ」と楽観的に考えています。
ここは要経過観察です。
タイコとワイヤーの繋ぎ方にはいくつかの方法があるようですが、僕はタイコの片面(レバー側)にテーパー状のザグリを入れ、飛び出したワイヤーを放射状に解き、そこにハンダを流し入れる方法を選びました。
文章では上手く説明できませんが、何かの雑誌で学んだ方法がこれでした。
これでスロットルワイヤーも好きな長さに加工できます。
そっちの方がラクそう・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿