2012年11月23日金曜日

polished

エンジンをオーバーホールする為の部品も集まってきたのでカバー類を磨いています。




ジェネレーター側のカバーはそこそこ腐食した物をベースにしてるので磨きながら確認して面を出してます。
もう少しで終わりそうです。
手前のフィンが付いた丸いのはヘッドのカバーです。
コレとジェネのフィン付きカバーはオクで買ったんですが、中国っぽい鋳物でした。
鋳肌を均すのに擦り込んでいくと、奥からドンドン「巣」が出てきました。
キリが無いのでアルゴンで埋めて擦り込みました。
オイルゲージキャップは純正部品です。
購入時はクリアー塗装されていました。
鉄製のゲージをキャップ部分のアルミに鋳込んでるんかな?
普通やけど丁寧な部品で凄く好きです。

磨き具合はこんなもんで。


磨く部品はまだまだある!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿