2012年6月24日日曜日

hadle work

やっとハンドルの製作に取り掛かり始めました。
このDAXは鉄板トップブリッジ用のF・フォークに折り畳みトップブリッジを組んでるので、DAX純正の折り畳みハンドルではメーターにハンドルが干渉して使えません。
4lモンキー用ならギリギリかわしますが、別に使う気にならない見た目です。
なのでハンドルもDAXの純正を加工して作る事にしました。


とりあえずバラバラに。
使うのはこの部分のみです。


後ろがゴチャゴチャして見にくいですが、ほぼ垂直に溶接しました。
気持ち手前に倒してます。
土台は2mmほど削って短くしています。


スピードメーターとも干渉せず。


真上から見たらこんな感じです。
右側のハンドルが斜めになってるのは修正済みです。

とりあえずここまで。
この先はまだ未定です。


2012年6月20日水曜日

rear brake parts

リアブレーキ周りの部品を作りました。


アジャスティングナットはジュラルミン、ジョイントは真鍮です。

組んでみました。



バッチリ。

よく、ハーレーなんかのカスタムに真鍮パーツが使われてるのを見て参考にしてみました。
こーゆー小物なら真鍮パーツを使ってもいやらしくならんかなぁ、と。
アジャスティングナットは純正じゃ面白く無いし、社外品も良いデザインのが見つからない。
それに、こんな物は探す時間があったら作った方が早い。
できるだけシンプルなデザインで、手で締めれる箇所だから六角じゃなくてもローレット切ってたら機能的にも問題無い。
そう考えた結果、この形になりました。
ワンオフパーツって言ったらこれ見よがしにトリッキーな事する人が目立つけど、「最初からこうだった」かの様なカスタムの方が好きです。
素人ウケするウンコカスタムには興味ありません。

2012年6月6日水曜日

4mm #2

完成。

before


after




ステムのネジもこんにちは。
前の状態ではナットが2山ぐらいしか掛かってなかった。
トップスレッドは全体のカラーリングに合わせてグレーのを使ってます。
アメリカンダックスは黒。
こっちの方が良いでしょ?

これでハンドル作っていけるなぁ。

2012年6月5日火曜日

4mm

悩みに悩んでトップブリッジはコレを使うことにした。


しかし問題が・・・。
勘の良い方はすでにお気づきでしょうが・・・・・・。


浮いてる・・・。
はぁ・・・ポン付けラクチンや思ってたのに・・・。

これでも無理に組んだら組めん事は無いんですが、2枚目の画像みたいにトップブリッジが浮いてるのはなぁ・・・。
ダサい。
解決方法としては、トップブリッジのボルトが入るとこの裏側を4mmほどザグって、トップスレッドも削るしか無い。
ここはフォーク先端に少し被ってる方が絶対に格好良い。
実物を間近で見た事ないから、純正がどーなってんのか、フォークとトップブリッジの組み合わせが間違ってるのか知らんけど、パッと見で「コレは違う」と思ったら手ぇ加えなしゃーない。


・・・・・・仰る通りで御座います。

2012年6月3日日曜日

c70

友達がオクで行灯カブを買った。


ワンオーナー、ノンレス、オリペン、実走4500kmの極上車。


えぇなぁ。


センターチョーク


蔵で眠ってたらしい。


シートも全然へたってない。


さすがにゴムパーツはヤレてるなぁ。
んでも、コケてないみたいで左右ともキレイ。


こーゆーとこが昔のホンダは渋いなぁ。
今のはダサいなぁ・・・・。

これが送料混みで5万かぁ・・・。
良い買い物したなぁ。
羨ましい。