2013年7月17日水曜日

drilled kick pedal for bullet #2

NCが空いたのでプログラムの作成をしました。
 

 
夏は時々エンストする困ったちゃん。
 
 
工具経路チェックはとても大切です。
うちのはぶつけたら7万円。
 
 
頑張って切っております。
 
それで出来たのがコレ。
 
 
今回のは両端にリブ(?)を付けてみました。
 
それを3型。
 
 
とりあえず形にして見比べました。
僕は左のが気に入りました。
 
残念な事にNCがエンストこいて仕事せんようになったので、
ここからは旋盤で仕事します。
夏は毎年こんなんです。
 
センターにシャフトを通す穴を開けます。
 
 
距離77mmをしょーもないボール盤で貫通させると
大概は斜めに穴が開いてしまいます。
なので、旋盤で穴を開けます。
センタードリル、下穴、本穴の順で作業しました。
両側から40mmずつで時間かかりますが、
この方が真っ直ぐな穴が空きます。
 
 
開けた穴の面取りをします。
 
とりあえずハメてみる。
 
 
寸法はピッタシ。
 
下に敷いた新聞に男性のシンボルちゃんの事をやたらと書いてますが、
そこには注目しないで下さい。
あなたは大丈夫ですから。
 
続きはまた明日。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿