2013年12月18日水曜日

HRCS 2013 #12 last

いやいや、大事なもんを忘れてた。
今回お世話になった方々のカスタムバイクを載せてない。
つーわけでどうぞ。

 
AKO MCさんのエボスポ。
 
 
ここからの眺めが今の僕にはどストライク。
 
 
このエキパイの逃げやサイレンサーのマウントなんかもそうやねんけど、
至る所がとてもキレイでサラっとしてる。
大変勉強になりました。
 
 
こちらはV MONSTERさんの車輌。
フレームはイジってないのかな?
気負わずサラっと乗れそうで良いです。

 
製作者。
 
 
若輪堂、奥本さんのショベル。
撤収時にエンジンかけてて、その時が初めて火ぃ入れたのかな?
みんな「おめでとう!!」とか言って
何だかちょっとウルっときてしまった。
歳取ると涙腺が緩くなってダメね。
来年のハイスロも楽しみにしてます。
 
 
こちらはK&M Motorcyclesさんのショベル。
独特の世界観が在る。
作ってるの怖い人かな~とドキドキしてたら、
とても笑顔がステキな気さくな方でホッとしました。
 
 
大神戸共榮圏、河田さんのナックル。
エンジンやタイヤ以外は殆どが自分で企画、生産した部品。
これは本当に凄い事やと思う。

 
このホイールなんか、機械加工屋の知り合いが居てるからって作れる物ちゃうよ。
 
 
新作のステップキット。
ディスプレイ台もイメージしやすくて良いです。
こーゆーのは見習っていかなアカンなぁ。
 
 
ファンネルやキャブの補修部品もある。
 
 
左からINU Chopperさん、Rad Jalopyさん。
共にエボスポ。
どっちも適度にコンパクトになってて、
でも無理矢理な感じは全然なくて、
僕の「ハーレー=デカい、乗りにくそう」ってイメージを変えてくれた。
どちらも完成が非常に楽しみな車輌です。
 
これでHRCS 2013の記事は本当にお終い。
会場で撮れなかった車輌も沢山あったし、
駐車場なんか入ってすらない。
心残りは大いにあったけど、とても楽しい二日間でした。
中学生みたいな文章ですが、これで終わります。
 
次からはプラグホルダーと僕のエンフィールドの事を書いていきます。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿