2013年2月26日火曜日

CS90 genuine turn signal

CS90の純正ウインカー


アルミボディ


主な構成部品




マウントのデザインがデメキンウインカーと同じらしい・・・。
それやったら断然こっち。
運の良い事にデッドストックのをオークションで見つけました。
ちょっとだけ運命みたいなのを感じました。
本気で悩んで探してる時は、大抵のものは何かしら見つかるもんです。
見つからん(考えつかん)かったり、妥協して進めた自覚があったら、本気で悩んで探せてないって事なんかなぁと思います。



2013年2月10日日曜日

jagged step

ギザギザのステップが好きなので、DAXに使いたいステップを探していました。
皆さんもステキなギザギザでも眺めて心癒して下さい。

ホンダ純正モンキーbaja


早矢仕ステップ


早矢仕の方が好みやなぁ。

 
 
ホンダ純正CB-1 タンデムステップ


1000円やったから買ってみました。
ボスの受け部分を作れば使えます。
これをポリッシュして使おうと思います。

2013年2月9日土曜日

RONSON Varaflame

RONSON Varaflame です。


爺さんの形見。
つっても、ガラクタ入れみたいなとこから勝手に持ってきた物。


オーバーホールして使おうと思って。
んでバラしてみたら各部お亡くなりになってました。
バルブのスプリングが砕けてたのがイタかったです。
どーしたもんかと行き詰ってた時に、
古いライターのオーバーホールやカスタムしてる方のブログを見つけました。
そのブログではコレをオイル使用にカスタムしてた。
これはやるしかないと思い、構想4日、作業1時間で完成しました。
作業中は写真を撮ってません。
ノってる時に手を止めるのがイヤです。

という事で完成。


バッチリ。


各部機構に異常無し。


外観は変わらず。



コレをやってみたい人が居るかどーか分からんけど、以下に作業内容を書いておきます。

蓋の裏側は使用するウィックより少し太い径のドリルを通す。
※そのままではタマがウィックを押し潰してしまうので。
火が点く箇所はガスのバルブを外して、そこにウィックが通る穴を開ける。
充填する箇所も同様、バルブを外して、オイルを流し込む為の穴を開ける。
ボディに綿を詰めて各部組み立てれば完成。
年式によって構成部品が若干違うようなので、その辺は臨機応変に。
オイルライターの構造さえ分かっていれば、2.5mm~3.0mmのドリルと真鍮が切れるノコがあれば出来ます。
部品の加工より、組み立ての方が時間かかりました。
そんぐらい簡単。