2014年2月16日日曜日

I realized my mistake 2

つづき。

圧入するカラーを作る。
旋盤で下穴を開けて
M14 ピッチ1.25のタップでゴリゴリと。


M14のタップはBプラグ用。
コレを任意の長さで切り、
各種プラグの首下の長さに合わせる。
先ずはエンフィールドと
エボスポまでのハーレーに合うタイプを
ラインナップにする予定です。
トラ、SR、XS、Wなんかも
順次ラインナップにしますよ。
プラグの首下さえ分かれば
何でも合わせれるはず。

試作はエンフィールドに使うプラグに合わせた。
エンフィールドのプラグは首下が16mm
2mmの余裕をとって
全体の長さは18mmで作成する。

鋳物にカラーを嵌め込むにあたって、
寸法だけを頼りにそのまま嵌め込むと
いずれ必ず抜ける日がくる。
なのでカラーの表面にローレットを切り、
ネジロックを塗って圧入する。
プレスの金型を嵌める時に使われる手法。
もちろんプレス機の金型は
それだけで止まってるわけじゃないが、
プラグを締め込むだけなら
この方法で大丈夫やと踏んでる。
もちろん耐久テストはしますよ。

話が長くなりました。
というわけで、
ローレットを切る。


使ったのはコレ。
30年ぐらい前から会社にあるらしい。


外径20φの無垢棒を使ってるので、
19.05φまで細くした。
マイクロゲージで確認。
問題なし。


ローレットを切る。
作業中に上手く写真が撮れなかった。
側面から当てる事で
上下のローラーが表面にキズをつけ、
それがローレット模様になる。


ローレットが切れたら
任意の長さに切り落とし、
外と内を面取りして完成。


同じ物を2個作る。
ローレット模様て格好良いなぁ。


あとはこれを圧入する。
しかし今日はここまで。

つづく。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿