2014年3月21日金曜日

plug wrench

付属品のプラグレンチを作る。

ソケット部には仕事で使った無垢棒の端材を利用。


はじめっからパイプになった物を使うより、
無垢をパイプ状にした方が強度があるらしいので。
何より、貧乏なのでパイプ買うお金が無い……。
 

気を取り直して……
外径を挽く。


ノギスで測りながら少しずつ。


こんな感じ。

中を繰っていく。


先ずは前後をセンタードリルで揉む。


下穴も前後から開ける。
片側から長い距離を開けると、
だいたい斜めに穴が開く。
そして、ここはNCの方が圧倒的に早い。


目当てのサイズで開ける。
これは下穴がキッチリ開いてるから片側から。


出来た。

寸決めして切る。


ステッキバイトで。


切れた。

最後に内外の面取りして仕込みは終わり。
次はレンチにするため、
六角の無垢棒を圧入していく。

兎に角、地味な内容です。
普段の仕事と同じ。

続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿