2014年3月15日土曜日

turning works

治具も出来たのでカラー製作の続き。


またまたNCのプログラムから。


起動前の確認。
これ大事。
工具経路も問題無いっぽいのでスタート。


出来た。
穴はM14の下穴を開けてます。
C面は圧入する側と表に出る側で
取り具合を変えてます。

プログラムを書き換えて、
3種類の長さで作製。


Bプラグを使うハーレーならこのどれかで対応できます。
エンフィールドもBプラグです。
SR400/500もBですね。

ボール盤でタップを立てる。


タップを立てる時は油をケチったらダメ。
少なくて良い事は何もありません。


出来た。

次はカラーの外径を挽く。


作った治具が大活躍です。
外径は挽かんでも大丈夫かと思ったけど、
ローレットが思ったより太る。
なので0.15mmほど挽きました。
次からはNCのプログラムに入れる。


旋盤目って良いね。
次の加工で消えるけど…。

最後はローレット加工。
治具にカラーをねじ込み、
ローレットを切っていきます。


低負荷のローレットバイト買いました。
前に使ってたのは旋盤への負担が大きいです。


アルミやったら大丈夫みたいやけど、
鉄で多用してたら芯が出なくなる。


油をつけて…


出来た。
加工してるカラーの長さがさっきと違うけど、
気にしないで下さい。
長いカラーの加工中に
撮影するのを忘れただけです。
外径を18.7mm(プラスめ)で仕上げて、
加工後は18.85〜18.89φ。


ん~…ローレットの模様は格好良いなぁ。
カメラでちゃんと写そう。

後は鍍金屋に出してカラーは完成。
今回は飛び込みなんで少し緊張。
……アポ取っとこ。


0 件のコメント:

コメントを投稿