2014年4月1日火曜日

plug wrench #3

レンチ製作の続き。

持ち手の部分を作る。

以前のキチガイみたいなテストの結果、
持ち手の板厚は3.6mmが
締結具合のベストな厚みと分かった。

3.6mmの板をレーザーで切ってもらおうとしたが
あいにく板金屋に在庫が無く、
デカい板を買う事になると言われた。

 
くどいようやけど、お金が無い。
なので、仕事で使ってる4mm厚の板を挽いて
3.6mmにする事にした。


レーザーで切ってもらった板。
凄いね、レーザーカッター。
中古で良いから、いつかは買いたい。

フライスで挽く。


フルバックで0.4mmを一回で。


挽けた。

片面にはR状の溝を掘る。
ここはマシニングセンターで。


ここで先生の登場です。
普段の仕事が忙し過ぎて
合間を見て手伝ってもらう事に。
不本意な気持ちもありますが、
このままではオフラインに
ステッカーとキャップしか持って行けなくなりそうなんで、
もうこれは苦渋の決断です。


先生によるセットアップ。
僕が考えてたのより遥かに複雑。


出来た。
揉んだ2箇所は穴を開ける位置。


ボール盤で穴を開けた。

ここからは完全手仕上げ。


手ヤスリで粗方の形状を作り、
ペーパーで仕上げる。


手で握る物なので
手に馴染むよう、角は落とす。


出来た。

これでレンチ部品の仕込みは終わり。
次はソケットと持ち手を溶接します。

そんなわけで続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿