2014年5月29日木曜日

rear fender #1

リアフェンダーの位置を決めてしまわないと、
シートを取り付ける位置が決まらない。
電装ボックスも。
なので次はリアフェンダーの取り付け。

純正はサブフレームにリアフェンダーが固定されている。
しかし、僕はサブフレームを外したので
固定する為に何かしらのブラケットが必要になった。


画像は純正の部品。
コレを利用してブラケットを作る。


もう何度も見たこの画像。
フェンダーがこのぐらいの高さになるよう、ブラケットを作る。
もう少し(10〜20mm)高くても良いかな。


フェンダーはブラケットの下を通す。
ブラケットを中に隠した方が目立たないが
そーゆーバイクにしたいワケじゃないんで
ここは普通に見える手法で取り付ける。

フェンダーをリアタイヤに乗せた状態で各部計測しまくる。
そして落書き。


何でも落書きから始まる。
 

黒い太線がブラケットのシルエット。
この段階の絵は僕さえ理解できれば良い。
見てる方に説明すると、
純正ブラケットを下に延長してカラーと溶接。
サスを留めてるボルトと共締めで固定。
プランとしてはそんな感じです。

ここからは、ひたすら計測→試作→確認→考察 の繰り返し。
目処が立った所で図面を起こす。

宙に浮いた部品の取り付けは難しいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿