2014年5月31日土曜日

rear fender #2

リアフェンダーのブラケット製作の続き。

ブラケットの構成はこんな感じ。


7つの部品を作ってくっつける。
フェンダー真ん中のリブを躱すのには
パイプを削って半丸にし、それと純正ブラケットを溶接。

先ずはセンターのリブを躱すための部品を作る。


端材をパイプ状にしてフライスで挽いた。


純正ブラケットは真ん中でカット。


こう組み合わせる。


フェンダーにあてがって観察。
ブラケットのRとフェンダーのRが全く合ってないので曲げる。


上が曲げたの。
もう一つも同じように曲げた。


曲げが出来たらマスキングで繋いで当てがう。


リブのとこは余裕めに躱しておいた。
こーゆー所をピチピチで作ってあるのを見ると感心します。
平板も少し浮いてるけど、溶接したらまた微調整なので無視。


出来上がった部材をガムテープでフェンダーに張り付ける。
フェンダー自体を簡易な治具として使ってみました。


先ずは仮止め。


あとは普通に溶接。


出っ張ったビードを擦って…


出来た。

これで半分は完成。
次はフレームと組み合う箇所の作製。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿