2014年6月18日水曜日

TOKYO day2 〜Inu chopper


朝は彼が起こしてくれた。
控えめに僕の耳をハムハムして。
 
朝も昼もご飯をご馳走になり、リビングに鎮座してた犬号を表に出して眺めました。
 
 
 リヤ18インチを組んでモヤモヤから解放されたINU号。
伸びやかで良く走りそうな雰囲気。
実際に調子良いみたいで、先日は軽くやっちゃったらしい・・・。
 
 
始動はキックオンリー。
キック2発で安定してかかってました。
マジで調子良いですね。
セルは外してました。
 

牛の鈴。
もしくは犬の鈴。


 
なんとも可愛かった。
 
 
犬バーサリーデカール。
これも最良の選択肢の一つかと思います。
 
 
フィンを丸く削ってる。
 
 
そんな犬号の部品はここで作られています。
 
 
完成?製作途中?の犬の鈴。
ピンボケしちゃった・・・。
 
 
マウント要らず。
 
 
タイミングカバー
 
 
69
 
手でやる削り出しかぁ・・・。
鋳物用のアルミを坩堝で溶かして自作の砂型に流し込んでるんやけどなぁ。
鋳造は成型方法であり、加工方法じゃない。
ウチの仕事はでっかい削り出しの機械を作ってんのかぁ。
コストがむちゃくちゃやなぁ。


師匠の仰る通りで。
 
犬さんは犬さんなので犬さんも作ってる。
 
 
シルバー製
 
 
モデルはパブロフくん。
一枚目の画像の犬です。
これをキーリングやバルブキャップ、ナンバーボルトにするらしいです。
もちろん素材は真鍮やレジンに替わりますよ。
骸骨も作ってました。
僕はこっちかな。
inuchopperの犬さんですから。
 
この後、多数の小学生に見守られながら氷水をぶっ掛けられてました。
この日は暑かったんで「ちょっと気持ち良さそう」なんて思いましたが、
お腹が冷えて「ヤバい、ダメ・・・」と横たわる彼を見て「コレないわ」と考え直しました。
 
つづく


0 件のコメント:

コメントを投稿