2014年11月5日水曜日

MX CUB project #4

バーハン化の構想が練れたのでカブをバラす。


ここまで一気に分解。
ここにハンドルクランプをつけてバーハン化するのも一つの手。
ライザーバーなら丁度良い高さになる。
しかし今回はMXハンドル(っぽいの)を組むので
ステアリングナットまでバラしてベースプレートをつける。
じゃないと、ハンドルが高くなり過ぎちゃう。


出ました。
こいつを外すのは人生2回目。
昔は横から貫通のマイナスを叩きこんで無理矢理回しました。
ボロボロになったナットを見て敗北感で一杯でした。
しかし今はインターネットの時代。
素晴らしい(かもしれない)アイデアやテクニックが
どこに居ても指先一つでチェックできる。

この状態でハンドルをつけて、反時計回りに回すと緩むらしい。


ちゃんとラスペネ吹いて…。
結果……外れませんでした。
ハンドルは反時計回りに回ったけど、
ハンドルだけが重く空回りし、ナットは緩む気配無し。
ネットではメジャーな方法らしいけど、こういうケースもあります。
外れないネジは無理に頑張っても良い事は無いので
ネットで調べてホンダ純正専用工具の互換品を買いました。


ロックナットレンチ 26×30mm ¥2000ぐらい。
1/2サイズのラチェット等に挿して使えます。
Amazonでも注文できますよ。


なんとか回った。


爪が短いから、きっちり真上から抑えてないと掛からない。
外せるけど専用工具ってレベルじゃないなぁ。
互換品だからこんなもんなのかな。

外して分かったけど、上に書いたハンドルを着けて回す方法、
あれはステムシャフトのネジ山を潰す恐れがあります。
現に僕のはネジ山が少し潰れてました。
そこで引っ掛かってそれ以上は緩まなかった。
ネットじゃ革新的なアイデアみたいに持て囃されてるけど、
僕はあんまりお勧め出来る方法じゃないです。
素直にソケット買って緩める方が良いです。
組む時やメンテ時にも使えますし。
どーしてもソケット買うのがイヤなら、
作業前には必ずCRCかラスペネを吹きまくってからやって下さい。
緩める前にナットをハンマーで殴るのも忘れずに。
あんな所のネジが焼き付いたら悲惨ですよ。
確実に2000円以上のお金と時間がかかります。

意外と時間も手間もかかったから今日はここまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿