2014年7月31日木曜日

ice cold beer


カンパーーーイ(ジークジオン)!!!!


できました!
「とりあえずビールで」Tシャツ。


ただただビールが好きな人の為のTシャツ。


スソの形状は昔ながらのラウンドタイプですが、
端は折返し縫いなんでクルクルなりません。
七分袖のスソクルクルは大人の嗜みなので
いずれコッソリ作ります。
生地は5.6ozでしっかりしていますが、
ガシガシの硬い生地じゃないんで着やすいです。
サイズはキッズ150、S、M、Lの4種類。


SMLは上記のサイズ表です。


150のみこちらの表でご確認下さい。

着たらこんな感じです。


Mサイズ(168cm 68kg)


150サイズ(154cm 46kg)

キッズ150とSはごく少量しか作ってないんで、
欲しい方は早めにお問い合わせ下さい。
同ボディ同プリントでの増産の予定はありません。

お値段¥3800(送料別)です。  



メッシュキャップも在庫あります。
こちらはお値段¥2000(送料別)です。


お問い合わせ、お待ちしております。


2014年7月26日土曜日

rear fender #6

位置が決まったので下側ステーの製作に取り掛かる。


厚紙をチョキチョキ切って型紙を。


こんなんかな〜。


およそこんな感じ。
だいたいの形が決まったので鉄板を切る。


使うのは1.6mm厚のフラットバー。
資材置き場の奥底に眠ってた。


型紙と同じ形状に。


長い平板は左右の渡しに。
曲げて角度と長さを調整して…。


また確認。
大丈夫っぽい。


マーキングして溶接。


ステーに合わせてフェンダーに取り付け穴を開ける。
持って帰って上下ステー、フェンダーを取り付けて確認しました。
当たり前やけど問題無しでした。
というワケでフェンダーは鍍金屋へ。
オリジナルに倣ってフェンダーはクロームメッキです。

次はシート&テールランプの取り付けかぁ。
取り付けに苦労しそうな予感…。



2014年7月22日火曜日

good one

inuchopperの犬さんから。


新製品のキーリングと


これまた新製品のバルブキャップが届いた。

骸骨の表情が凄く良いね。
僕はこれぐらいが良い塩梅かと。
丁度良い顔した骸骨って、なかなかないね。

ロウの塊を削って形にし、それを型にして真鍮で鋳造。
バルブキャップには特殊サイズのタップを通して完成。
今回はそのタップの製作でお手伝いさせて頂きました。


テーパー先と突き当たり先の2種類。


2014年7月16日水曜日

gas tank #9

タンクの取り付け。


いきなりですが完成。
フレームに直タップ。
4山かかれば良いじゃない。
取付ボルトはホンダの純正ボルト。
都合良くM8のトリーマーを持ってました。
平ワッシャーの下と、タンクとフレームの当たる面には、手持ちのゴムワッシャーを入れます。
さすがに直で乗せるのはちょっとね。

タンクの固定も出来たから、次からは塗装かぁ。



買いました。
 

キミは小宇宙(コスモ)を感じるか!?
牡牛座の僕には辛いアニメでした。
んでも、大人になってから読んだハーデス偏のグレートホーンで
あの全身バッキバキにするとこでグッときてプラマイ0な感じです。
 
ん〜…上手くいくのかなぁ。
ま、失敗したら剥ぐだけか。
命まで取られるワケじゃないし、楽しくやろう!

2014年7月9日水曜日

paint 'em all

タンクはシルバーのフレーク塗装をベースにすると決めた。
調べてみると、フレーク塗装の施工には2種類の方法があり
クリアーにフレークを混ぜて吹き付けるウェットショットと
ベース色を塗った対象物にクリアーを塗っておいて、
クリアーが乾く前にフレークのみを吹き付ける
ドライショットという方法がある。
前者の専用ガンはそれなりの値段だが、
後者の専用ガンは1万円程度で購入できる。
フレークも100g/¥4000と手を出せる範囲。
これは是非とも自分でやってみよう。
さらに調べていくと…


コレにフレークを入れてバフバフしても出来る事が分かった。
先端からフレークがフワっと出るらしい。
もちろん要練習。

さっそく買ってきた。
なんかちょっと形が違うけど。
MAMA CLUBとかプリントしてあるけど。
バフバフしたら空気が出てきたから大丈夫でしょう。
フレークもテキトーな量を注文しました。


下地のシルバーはコレが良さそう。
サテンと書いてるが、かなり目が荒い。
んでもタンク塗るだけで1kg買うのは辛いなぁ…。
仕事で使ってるシルバーにしよかなぁ…。
マッチぐらいギンギラギンにさりげない感じにしたいなぁ…。

ん〜…つづく。


2014年7月7日月曜日

rear fender #5



シートを乗せてリアフェンダーの位置を決めた。
このバイクに捲れ過ぎは似合わない。
とは言え、長いのも軽快感が無いのでダメ。
ここらがベストかと思います。
 

前回できたフェンダーステーに合わせてマーキング。
 

穴を開ける。
 

ついでに、フェンダー後端の形状を決めて切りました。
 

リブにキズ入れてしもた…。
 

持って帰って固定。
 

ネジはテキトー。


下側のステーの位置を確認する。


先に上側を完成させてから下側の作業を始めたのは
「あれ?上下ステーを作ったのに微妙に位置が合わないよ〜」
な、素人全開のミスを避けるため。
片側をビシっと合わせておけば、
あとはそれに合うように作業すれば良いと思いました。
 

そして、やっぱりシートを乗せてみる。
浮いてるのもアリな気がしてきましたが、
短足なんでやっぱり下げます。
と言うワケで、またステー作りです。

つづく。

2014年7月6日日曜日

TT seat

シートは悩みに悩んでコレにしました。


ラズルダズル製 TTシート。
革も良いけどビニールレザーも良いよ。


裏側はネジ&装飾ワッシャー止め。
追い金5000円の価値は間違いなくあります。


乗っけてみる。


良いサイズ。


後ろに何か描きたい。
ん〜…。


前がブラケットに当たって空中シートになってる。


こいつ。
純正シートのマウント。
とりあえず切り落としてからマウント方法を考えよか。
浮いてるのは話にならん。
他にも要らんよーになったブラケットが沢山あるしね。
リアフェンダーを固定しながらボチボチ考えよう。