2014年11月27日木曜日

近況

Facebookを辞めて1ヶ月が経ちました。
アカウントの削除申請から2週間で完全に抹消されるらしいので、
さすがにもう電子の藻屑と消えた事でしょう。
何も不便な事は無く、それどころか凄くスッキリしてます。
便秘が解消されたぐらいスッキリ。
便秘になったこと無いけど。
もっと早く辞めれば良かったな。

人生は相変わらず上手くいかないもんで、
9月の中頃?末?プラグホルダーの鋳物を作ってくれてた会社が倒産しました。
こーゆー事は書かないで済むならそれに越したことは無いけど、
さすがにそうも言ってられない状況になってきました。
ここ数ヶ月は鋳物が作れず、欠品&予定は未定の日々で
お問い合わせを頂いた方々にかなりのご迷惑をおかけしていました。

そして先日、付き合いのある鋳物屋と交渉に交渉を重ねた結果、
なんとか個人レベルで発注できる数で作ってもらえる事になりました。
とは言え、やはり単価安&小ロットの注文は「手が空いたら」って感じで
納期は未定でこちらから催促できない状況です。
500個ぐらい発注したら催促の電話もできるんやけどね。
なんとか年内には…といったところです。
こっちが納得できる値段で引き受けてくれた事が奇跡みたいなもんなので
なにも言えなくて…冬
 
 
※彼はシャブに逃げたのではありません。
有り余る才能にターボかけようと攻めただけです。
 
予約してまで欲しいと思ってくれた皆さん、
お待たせして本当に申し訳ありません。
鋳物の都合もありますが、年内にはなんとか…と予定しております。
なので、今年のHRCSは少量の在庫とサンプルの展示になります。


あと、七分袖Teeとメッシュキャップと。


え?もう冬?
心配しなくても来年も夏は来ますよ。


季節に関係無くビールは美味い。
件の箱が上手くいかなくてもビールはウマい。
とは言え、もっといつもとは違う(気がする)ビールを飲みたい。


キャップもたまには洗いましょう。
漬け置き洗いで大丈夫。
 
ではでは。
今日からまた箱作りにチャレンジします。
 

2014年11月26日水曜日

MX CUB project #12

電装がキッチリ収まったのでマフラー製作の続き。


切った貼ったでサイレンサー部分が完成。
パイプの肉が薄いから溶接がちょっと大変でした。
1mm無いのはキツいな。
 

およそこれぐらい内に寄せます。
外に張り出すと足が熱くて夏に半ズボンで乗れなくなる。
サイレンサーとエキパイはスプリングフックで繋ぎます。
 

マロッシのマフラースプリング。
 

これはフックの部分はスプリングと別で、
こんな風にフックだけを好きな向きに出来ます。
長さも縮んだ状態で60mm(フック先端〜フック先端)と短く、
長いスプリングをビロ〜ンと付けなくて済みます。
値段も500円とお手頃。
 

フックの受けを溶接して…。
 

組み付け。
あとはフレームからステーを取ってサイレンサーを吊ります。
それはまた今度。
 

グネグネとこんなに長かったマフラーが…
 

スッキリと短いストレートに。
 

中学生の頃はJMCAってメーカーがあると思ってました。

貧弱なリアサスペンションも交換します。


純正はフワフワなうえに僕のカブのリアサスは抜けている。
平たく言えばゴミ。
見た目は似合ってて好きなんやけどね。
 

犬チョッパーさんに教えてもらったYSSのリアサス。
値段も安くて悪くないらしい。
何に交換しても今の純正サスより良いか。
 

少しお尻を上げたいので純正より30mm長い360mmを選びました。
旧タイプのスイングアームを付けて上げる方法もあるよ。

サスペンションのカラーを交換する際に、
間違っても叩いたりマイナスドライバーなんかでコジってはダメですよ。
パイプを当ててシャコ万かバイスで押し出しましょう。
詳しくは サスペンション カラー 交換 でググッてみて下さい。
皆が罫書き針やマイナスドライバーでコジるから、
中古の汎用サスのゴム部分は無意味に傷だらけじゃないか!
 

もしあなたに大人の自覚があるなら、サスペンションの色の事には触れないで下さい。
取り付けた僕はもちろん、画像を見た誰もが思っている事です。

完全にタイヤが接地してセンタースタンドが実にソフトになってますが、
センタースタンドは最後に外す予定なので気にしない。
こーやって見ると30〜40mmぐらいロングのスイングアーム入れたい。
 

フェンダーとタイヤの距離はしっかり空いた。
履く予定のオフタイヤはハイトが今のより高いから、これぐらいで丁度良いはず。
知らないけど、きっとそう。
 

だいたい出来てきたので全貌を。
ハンドルが高めやから、30mmぐらいならケツを上げても気持ち悪くない。
寧ろケツ辺りが軽快になって僕の好きな感じになりました。
純正より薄いシートのおかげで足付きも良いです。
ん〜…保安部品が付いて無いけど早く乗りたい!
 

乗るなよ!絶対に乗るなよ!!(目はマジである)

2014年11月25日火曜日

MX CUB project #11

めでたく電装がフレーム内に収まったのでサイドカバーを作ります。
サイドカバーと言っても、ただの鉄板です。


ホームセンターで購入。
アルミで作ろうと思ったけど、ボンデ鋼板はアルミの半値以下でした。
アルミ高いね。


型紙を作る。
純正サイドカバーの形状に倣うのが一般的みたいやけど
電装を収めた箇所にフタをするだけなんで、これでも大丈夫。


鋼板にトレースして…


切った。
金鋏で大雑把に切ってサンダーとヤスリで整形。
このあと、もう少し削って微調整しました。


穴を開ける。


寸法チェック。
不規則なネジ穴の位置が一発でキマると気持ち良いね。


ギリギリまで寄せられる!


とりあえず黒く塗っときました。


キーシリンダーはここに移設。
近い径のホルソーが無かったから、ドリルと手ヤスリです。


いくらなんでも、これはヒドい。
エンフィールドのカスタムには、最初っから納得できる機能とデザインを考え過ぎてた。
出来た物には納得できるけど凄く時間がかかってしまうのも事実。
電装ボックスのように、打ちのめされて手が動かなくなることも。
それではダメだと思い、このカブには思い浮かんだ物の構想を忘れないよう
デザインや作りはどうあれ立体物にしてみてます。
慣れ親しんだバイクで特訓してエンフィールドにまた取り組もう!みたいな今です。
 
なので、もう少しつづく。

2014年11月21日金曜日

MX CUB project #10

エンフィールドは電装ボックスのデザインを一からやり直してるとこ。
これが本当に上手くいかなくて、ここ1ヶ月はすごく惨めな気分でした。
諦めてテキトーなオイルタンクを買って、
そこに電装とバッテリーを詰めりゃ良いか、なんて考えだす始末。
完全にスネてました。
んでも、カブをイジってたら少しずつポジティブな気分になって、
また頑張ろう、諦めずチャレンジしようと思いました。
仕事と違って趣味やから、気分のアップダウンで進み具合は全く違う。
誰かに「やれ!」と言われてるワケじゃない以上、
改造は楽しくやりたいですね。
悩んだり打ちのめされる事はあっても、
上手く気分転換して次に進みたいです。

待ってた部品が届いたので続きを。
前回で触れたように電装をフレームの中に収めていきます。


色々と飛び出しております。
いや、ちゃんとカバーの中に収まってたから飛び出してるワケじゃないか。


こいつも。
バッテリーのままだと上記の電装を収めるのが大変そうなので
軽量化も兼ねてバッテリーレス化しようと思います。


いつも通りヤフオクで。


バッテリーの+−を合わせて繋ぎ変えるだけ。
この後、エンジンはキック一発でかかりました。


余分なハーネスを短く詰めて、全てをフレームに押し込んで完了。
また引っ張り出して繋ぎ替えるから今はこのままで。


ヘッドライトはこれに交換。
10wやから暗いけど、とりあえず付いてればオッケー。
目から得る情報に惑わされてはいけません。
心の眼で見るのです。
 

フルオープン!
 

すべて みきった ぜ!

下から出てた配線を後ろから出せるように加工したり
取り付けのネジをギリギリまで詰めたりしました。
ちょっと頑張ったアピールです。

さっさとマフラー作って走りたい!

2014年11月17日月曜日

MX CUB project #9

何故か#7と#8の日付けがテレコになってしまってます。
なんだろね。
まぁ、良いや。
今日からマフラーを作ります。

切った事がある人は分かると思うけど、
カブの純正マフラーは抜けが悪いし、とにかく重い。
単気筒中排気量車のマフラーなみ。
取り付け位置が低いのも今回の計画には合わない。
そこでアップマフラーにしようと思いDAXのパチモンを買おうとしたけど、
使えるアップマフラーを持ってるのを思い出した。


武川製(?)モンキー用マフラー。
昔、安かったからドナーにと、とりあえず買いました。
 

無慈悲に切り刻む。
スタッドボルトへの掛かりが浅かったから、ここも切りました。
 

2ヶ所ほど繋ぎかえました。
この状態でとりあえずエンジンかけてみるのは基本。
90ccでも走りそうな音しますね。
アホやからすぐその気になってしまいます。
 

およそこんなライン。
 

残念ながら電装に全力で干渉しています。

ここでマフラー製作は一旦ストップ。
電装をフレーム内に押し込む事に全力で取り組みたいと思います。

2014年11月13日木曜日

MX CUB project #7

カブのフロントタイヤを交換しました。


目覚めの運動がてら。
ついでにハブの中をお掃除しました。


MXなんて言いつつ、フロントもこのタイヤ。
これで前後井上さんです。


井上原理主義。
オフタイヤは暫く履かない。
メイン用途はあくまで会社での足。


フロントブレーキとアクセルも組みました。
インナースロットルはシンプルで良いね。
スロットルの戻り悪いしメンテがめんどくさいけど。
これ、キャブんとこのバネにラジコンのサスのバネを組むと少し戻りが良くなります。
ワイヤーも無理なくキレイに収まったし、これでとりあえずはエンジンかけて走れます。
 
後はステップを作ってマフラーやサスの交換ぐらい。
あ、チェーンガード忘れてた。
保安部品めんどくせー。

2014年11月12日水曜日

MX CUB project #8

カブのステップは棒にゴムを刺しただけの物。


コケたらだいたい曲がる。
いい加減、僕も大人なのでモンキーみたいに可倒式のステップにします。


ドナー。
ヤフオクでゲット。


このステップ人気無いね。
超カッコイイのに。


使うのはステップとコレ。
マウント部分。
ノーマルのステップを切ってこのマウントを溶接するだけ。


カブのステップを切る。
切る前に3回は考えろとはダグおじいさんの有難い御言葉。
3回どころか6回は考えてます。


マウントの溶接跡を取り除いて…


溶接して完成。
右側はマウントに穴を開けて内外から溶接。

 
左側は付き合わせ。
純正も付き合わせやし大丈夫でしょう。

暫くはレッグシールド付けて乗るので、
バーハン化に伴い干渉する部分を切りました。


超テキトー。
ちょっと低くなった。


全切りしても干渉せず。

なかなか良い気分転換になってます。